利用者提供データ流通基盤

pict1

近年、個人でセンシティブデータを取得することが可能となり、これらのデータを提供する個人とサービスを提供する企業などの間で、データのやり取りを行う市場が形成されつつあります。しかし情報提供に対する不安や不満からサービスに必要な情報が十分に集まらない課題があります。そこで、本研究では自動交渉により、利用者が納得できる条件での情報提供を実現し、情報提供に対する不安や不満を解消することで円滑な情報流通の実現を目指しています。